月別ログ_2011年04月分
(2011/04/30)
DSC06551-4.jpg

カテゴリー:未分類 / コメント:0
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-514.html

(2011/04/30)
DSC06550-3.jpg

カテゴリー:未分類 / コメント:2
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-513.html

(2011/04/30)
DSC06459-2.jpg

カテゴリー:未分類 / コメント:0
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-512.html

哀しい現実 (2011/04/28)
DSC06466-1.jpg
ここ2日被災地の調査に出ていた。
現実を目の前にすると、まるで夢を見ているよう。
生命、財産を一瞬にして奪われた現実は悪夢だ。

私は基本的に無党派であることを前置きして。
昨今現政権を破壊したい恨みつらみの小沢氏の派閥と、どぞの政党の
元領袖がまたぞろベクトル合わせを始めている様子。
東日本がこれだけの被害を受けているさなか、国が団結して協力しあって
行くべきところを破壊後の展望もなく平気で破壊を仕掛ける神経が考
えられない。彼らの行いは国民に対しての不誠実な背信行為であり
政治家失格だ。

国民のために活躍をし、評価を頂き信用と信頼に基づく権力を預かるのが
政治家のあり方である。いまだに金と利権を頼りに上から目線で政治を
しようとしている彼らの心根は、時代錯誤も甚だしい。
ここまで日本を腐らせた古臭い政治家には、もうなんの期待も持てない
早々に去って頂きたい。

カテゴリー:未分類 / コメント:0
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-511.html

街の灯りがとてもきれいね (2011/04/23)
DSC00797.jpg
「原発事件」のA級戦犯。自民党のエセ重鎮は何をしていてるのでしょう。
いまだに料亭で密談ですか、現政権のせいにして雲隠れはあまりにも卑怯ですよ。

岩手県がとんでもないことになっているのに、小沢氏は何をしているのでしょう。
お抱え病院に入院ですか。何に執着しているのですか。ご立派な子分を連れて
救援に行ったらどうですか。口先ばかりでいざとなったら誰もついてこないのですか。

被災者の前を素通りする首相。なんてことするんでしょう。
最低限の気遣いと配慮に欠けるとは、リーダーとして頼りない。

東電の社長、福島で土下座している場合ではないでしょう。
なぜ現場に行かない。破局が見えているからですか。
大丈夫県庁、避難所より安全ですよ。

東京電力をご利用のみなさん、電気料金の値上げがそんなに迷惑ですか。
今まで原発のリスクを地方に押し付けて、幻の安い電気を使っていただけですよ。
賠償金も電気料金のトータルコストですから諦めて下さい。

街の灯りがとても暗いねヨコハマ。

カテゴリー:未分類 / コメント:2
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-510.html

覆水盆に返らず (2011/04/16)
DSC00419.jpg

福島さんちにあらわれた6人の餓鬼はスープをこぼし、美しい食卓を汚した。
餓鬼の親たちは大人しくさせようと、暴れ出した餓鬼に大量の汚わいを
まいている。どうせ福島さんの家だから構わんさ。

少なくとも20キロ圏内には住めない帰れない。
そんなことを首相が言った言わないで、地元の首長様がテレビで激こうしていた。
なぜいまさら激こうしているのでしょう。
騙されたから?いえいえ騙してなんていません。100%そういうものですから。
純朴で無知無能な首長様達、パフォーマンスだけはご立派ですね。

ガキと言えばタニガキという餓鬼もいた。
今回のことは、あなた達の政権が築き上げた原発利権による事件であり、
決して事故などではない。
ヘナヘナと蜃気楼ばかり見てないで、少しは後始末に協力したらどうなのさ。
吐き気がする。

カテゴリー:未分類 / コメント:2
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-509.html

原子力発電 (2011/04/09)
DSC00539.jpg
福島にあれほどの原発があったと認識していた人は少ないと思う。
特に関東で電力消費者の皆様はどうでしょう。
原発立県、純朴な首長達は1基増やすたびに頂ける小銭が麻薬のように止められ
なくなっていたようです。結果、今回の「事件」で福島県の一部が何百年も
人が住めない地区になりました。

私は技術的に手に余る原発に賛成できませんが、阻止することはできません。
思うことはひとつエネルギーも責任も「地産地消」首都圏に造ってもらいたいと
思っています。そうすればさぞかし「絶対安全」で御立派な原発を造られることで
しょう。

首都圏の方々を呼び込む観光キャッチフレーズに「本当の空がある福島」という
キャッチフレーズがありました。これからは「本当のセシュウムがある福島」に
変更しなければなりません。皆様ぜひお越しください。

カテゴリー:未分類 / コメント:4
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-508.html