月別ログ_2011年05月分
NEX3+FD50mmマクロ + ハッセルプリズムファインダー (2011/05/29)
DSC00862.jpg
僕天下の「ホアンイン君」
実は、、、、ね、3月12日の時点で東電福島第一原発から約6キロ離れた
福島県浪江町で核燃料が1000度以上の高温にならないと発生しない
放射性物質が検出されていたこと知ってたんだぁ。へへっ。
 めっけたのは「テルル132」、大気中のちりに含まれてました。うふっ。
黙ってたけどさ、津波直後に屁だけで済まずに完全にメルトしちまって
脱糞よー。

 事故発生から2か月以上たったからそろそろいいかなぁーと思って。
べつにー「隠す意図はなかったんだけど、住民に示すなんて発想は
思いもよりませんでしたぁっと。だって僕らは安全だし、福島の住民なんて
僕らのように優秀で選ばれた人間じゃないからどーでもいいじゃーん。

我々原子力保安院はその名の通り「原子力政策の安全」をどう保つかが
目的だから、福島の住民の安全なんてどうでも良いことなのね。
そうじゃなかったら福島に造った意味がないでしょ。
 もち反省はしてますよ、IAEAに怒られちまったし、でもね福島の住民になんて
謝る気はないね。人種が違う、いやいや猿以下の生物実験のモルモットに
どうして謝る必要があるって。でもねこれから素晴らしいデータを残してくれる
貴重な人間に近い生物だしそういう意味では大事に観察しようと思ってます。
 そろそろプルトニウムのデータを大公表して、貧乏学者に実験データ取り
させよっかなー。東大の先生方を危険にさらすわけにはいきませんからね。
俺たちエリートに逆らうビンボー学者には早々に癌で死んでほしいしね。

カテゴリー:未分類 / コメント:0
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-524.html

FD85mmとNEX3 (2011/05/29)
DSC00879.jpg
DSC00886.jpg
DSC00888.jpg
SONY NEX3 + FD85mm

カテゴリー:未分類 / コメント:2
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-523.html

第三の男 (2011/05/27)
DSC06048-8.jpg
海水注入の中断について、言った言わないの醜いタラとレパの馬鹿バトルが勃発。
注入しようがしまいが、メルトダウン、爆発、放射能大量放出に至った以上、
今ではなんの意味ももたない、原発被害者にとっては全く不毛な議論だ。

何日もグダグダもめた挙句、第三の男「福島第一原発所長」が登場。
「いいえ、中断しませんでした。」
残念ながら「、、、と言えと、いわれました」という声は聞けませんでしたけれど。
ただ一つ有益だったことは、またまた見え透いた嘘やごまかしが露呈したこと。

いまだに水素爆発だけでしたと言い切る東電、さぁてどこまで嘘が通りますか。
母さんあの3号機の燃料棒、、、どこへ行ったのでしょうねぇ、、。
東電のFUKUSHIMA破綻セレモニーはまだまだ序章に過ぎない。
全国の皆様もいまだにモフモフ放出している放射性物質に、せいぜいお気を付けて
くださいまし。
http://www.youtube.com/watch?v=5PFRQ4jDUE4

原発A級戦犯の「自民党」、その総裁であるタニ餓鬼は口を尖がらせて内閣不信任案の
パフォーマンス。政権を奪取して、一刻も早く東電と手に手をとって原発利権の歴史を
隠ぺいしなければならない。その上、復興権益を手にして被災地ではなく自民党を復興し、
楽しかったバブル、夢の金権腐敗時代をもう一度味わいたいらしい。
内閣不信任案も結構だが、金権腐敗や官僚主義、派閥政治、汚職政治や
無能な当選回数だけ大臣、宇宙人のような二世議員、大臣、太鼓持ち秘書議員、
数合わせのタレント議員やチルドレン議員にゾンビのように復活してほしくない。
とはいえそれらを選んできたのは国民、、、。
日本はとっくに骨の髄からメルトダウンしていたということなのでしょう。

先日テレビである原発地域の報道をしていた。
原発が無くなると地域経済は崩壊するという趣旨。
民主、自民の地方議員から、原発関連の会社員、商店主などのお涙頂戴
番組だった。爆発したあとで再度インタビューしたいものだ。
いろいろと形を変えて原発推進派のキャンペーンは着々と進められている。
どこぞの俳優も反対表明で仕事を干されたらしい。
東電のマスコミコントロールは東大閥を介して着々と進められている。

東大閥は怪しい宗教のごとく頑強で理性など存在しない。
東電も身内の東大閥が機能して莫大な研究費と称するお布施を投入して
「天閥」の御権威を祀りあげた。
東電は金で買った「天閥様」の御言葉をたてに国や地方の首長を一ひねり。
邪魔だった「エーサク」に天閥力が働き、無能な「ユーヘー」を送り込んで
挙句に福島の人々にには「天罰」が下った、、あわないねぇ。

私は決して原発反対派ではない。造るなら東京都内に造ってもらいたいだけだ。
電力には送電ロスというものがあり、一般論として約40%が電線の熱として
消えている。そういう意味でもエネルギーは地産地消が望ましい。
それに、さすがに都庁地下に原発ということであればちょっとは真面目に造るでしょ。

カテゴリー:未分類 / コメント:2
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-522.html

(2011/05/24)
東電
3基の原子炉のメルトダウンをよーーやく認めた。
ついにチェルノブイリを越えたと認めたようなもの。

さあて次は3号機に投入していたMOX燃料。
10%近くも含まれていたと思われる「猛毒のプルトニウム」
どこへ飛んでいったー!
ブースカそろそろ教えてよー。ゆうへー責任取れよー。

この絵はいつぞやネット上で見つけた象徴的秀作
ついでに、ゆーへーと保安院と出鱈目斑目バージョンも描いてほしい。

カテゴリー:未分類 / コメント:2
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-521.html

だって、知らされていないから、、、。 (2011/05/21)
DSC05973.jpg
どこぞの町長さん。「早い時期に放射能レベルが高いということはネット上の情報で知っていたが、
国から正式に知らせが無いから住民には知らせなかった」とぬけぬけと語った。
本当なら「どうなってるのだ!」と国に食い下がりその経緯をネット上に公表するくらいの気概がなくて
何が首長だ。
そして役所から知らされていないから、という住民が多いのも情けないことだ。
どうも福島の人々は、「御上」からの指示が無いと何もできないらしい。
ある意味立派だ、それでこそ神国日本の都合のよい臣民だ。

我がシチョウ様は「ぽぽぽぽーん」の直後、早々に山形に避難したとの噂が流れている。
我がチジ様は中韓日の首脳に紛れて、風評被害解消とのんきにさくらんぼを食ってご満悦だった。
今回、中韓首脳に福島産など出しているわけがない。
そして他国、他県方々の心配は風評ではない、検証されていない福島産を食べないのは正しい判断だ。
ここのチジ様、なぜか産業が廃れ、人口が減ることをことさら嫌っている。
とんでもないことだ、県外避難が出来る人はどんどんすべきである。
健康生命より産業経済ばかり気にして、口先ばかりで具体策をなんら講じない無能なチジは不要だ。
そもそも放射能の高い中通りは住民を補償をもって強制移住させ、政府直轄の番外地として無人不毛の
土地としてチェルノブイリと同様に居住禁止にすべき地区である。
「そんなことはできない」という向きもあると思うが、東電と国はそれだけの罪を犯したということである。

国や役人、企業、マスコミがこれまでにどれだけご都合主義で国民を騙してきたことか、
そして今まさに騙されていることに、幅広い人々が認識しなければならない。

彼らは福島、郡山の住民を避難対象から外すため、逆算してデットゾーンの20ミリシーベルト/年が
安全と設定した。そんな奴らを何を根拠に信用することができるのだろう。
もちろん自民党、官僚が金満原発事件で国民を欺いたA級戦犯である。そして民主党は被害を矮小化して、
賠償額の最少化しようと住民を欺いていることで同罪となった。
今回の原発事件では「風が吹くとき・WHEN THE WIND BLOWS」という物語を思い出す。

我々は、国の教育だけの「無知」で、国、役人まかせで「従順」に、国の嘘を見抜けない
「不勉強」なままでは、為政者の都合によって地獄へ送られる。
先の戦争がそうだったように。

先ほど東電がようやく原子炉3基がメルトダウンしていたことを認めた。
この次はなんでしょうね、実はプルトニュウムが大量に出てましたですか?
前知事が最後まで抵抗していた、3号機による猛毒のプルトニュウムを含むMOX燃料での
プルサーマルを認めたのは、「佐藤雄平知事」あなたでしたね。
お願いですご家族のためにも「さとういんぺい」という汚名だけは避けてあげてください。

カテゴリー:未分類 / コメント:0
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-520.html

セレモニー (2011/05/15)
DSC00786-1.jpg
「メルトダウンといわれればそういうことになります」
メルトダウンしているのはお前たちの脳だ。
強烈に東大学閥が色濃い会社である。
実に頭の良い人材がそろっている。

しかし、装置産業として往年の様に技術者が幅を利かせた会社ではなくなって
文系の政治屋活動の厳しい会社になっていたようだ。

本来、技術屋は論理矛盾を嫌う、しかしそれを押し通す政治力は脆弱だ。
いつしか、頭でっかちで、口が達者で、声がでかくて、腹芸が巧く、こずるい
天下り役人に取り入るのが巧い「超役人タイプ」の人間が幹部になって行った。
そいつらには、自らの冷徹な技術裁量に基づく判断に大切な、「正義感」や
まして「良心」など微塵も存在しない。
当初、様々なベクトルがあって都合良く見積もって始めた原発が、技術的問題の
続出で赤字になることは決してあってはならない。奴らの頭の中はそれだけで
占められていたのだ。

頭の良い彼らは、我々に対して決して頭の良いところを見せない。
割れた土鍋にどんなに水を入れても溜まらないことは、猿でも想像できる。
地震で停電した時点で、即、メルトダウンが避けられないということや、
爆発など手の施しようが無い物語が始まったとも知っていた。

いかにも政治屋の東電幹部は無駄と判断していながら、何もしないわけには
いかないから表向き全力で、後から後から、徐々に徐々に破綻を小出しに
開示しする方法で冷めやすい国民の事故麻痺も狙っている。
奴らは現地の技術屋、下請けや、消防、警察、自衛隊の皆様を危険に晒しながら、
国とともに実に冷淡に遠くから「玉砕セレモニー」を指揮している。
敗走を転進と言い切る、「日本帝国大本営発表」はいまだに健在だった。
大本営幹部連中は現地に行かない。いつ決定的な終末期を迎えるか知れないから
現地はあまりに危険だし「怖い」。

「我々は全力を尽くしました」という最悪の「セレモニー終焉」を想定しておく必要がある。
それなりの覚悟は必要だ。

カテゴリー:未分類 / コメント:2
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-519.html

鉄路消滅 (2011/05/14)
DSC07170-1.jpg
常磐線の某駅
こ線橋がかろうじて残ったが、駅舎、周辺の家屋も消滅、
電柱も全て無くなり、あの重たいレールまで流された。
地盤が下がったこの地では、通常の復旧はあり得ない。
遠くに波しぶきが上がるのが見えた。

カテゴリー:未分類 / コメント:0
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-518.html

(2011/05/07)
DSC06260-1.jpg
政府と東京電力は、これまで公表していなかった「SPEEDI」のデータについて、3日以降、
文部科学省と経済産業省の原子力安全・保安院、それに原子力安全委員会のホームページで公開している。
あれから何日でしょうね「スピーディー」とは実に立派な名前てあります。

爆発と同時にシステムはきちんと予測していたものの、パニックになると大変だから公表を差し控えたとのこと。
これは実に懸命な判断でした。
万一二度と戻れない地区や緊急避難地域をきちんと発表していたなら、
安全完全万全完璧などと嘘ぶいていた原発役人、推進関係者、東電はただでは済まなかったでしょう。

とにかく地域住民の将来の健康を見棄てたとはいえ、関係者だけそっと避難させ暴動からも身を守ったのですから
とても立派な使い方をされたのだと思います。開発に数百億円もの税金をかけたかいがありました。

カテゴリー:未分類 / コメント:0
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-517.html

花は静かに (2011/05/03)
DSC_6269-1.jpg
久しぶりに一眼を手にしたが、かなり違和感があった。
この先どんな写真が撮れるのだろうか。

カテゴリー:未分類 / コメント:0
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-515.html