横濱御苗場 (2017/02/25)
2/23から2/26まで
横濱御苗場のBankART Studio NYK開催されております。
「御苗場vol.20横浜」に写真サークルの「クロシェット・アン3ブル」様が参加されています。SDIM0599.jpg

カテゴリー:未分類 / コメント:6
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-1138.html


retoさ~ん!ご来場ありがとうございました!
すごい作品の数で頭痛くなったんじゃ?笑
私も全部は観てません笑
いつも観てくださって本当に感謝です。
メッセージは残していただけましたでしょうか。
すみません、今日も会場にはいけないのでノートみてないんです。
明日は最終日なのでいくんですけどね。
よろしかったらまた詳しく感想や率直なご意見など
聞かせていただけたら嬉しいです。
まわりの作品たちに圧倒され、すごくおとなしいブースになってしまったなぁと笑
でもなにはともあれ、とてもよい経験となりました^^
(froggymama)
2017/02/25 | URL |(trip@-)
編集

froggymamaさんコメントありがとうございます。

失礼を承知で率直に申し上げると、
確かにせっかくの作品が埋没してしまった感じですね。
あそこまで数が多いと私の小さなメモリーではすぐに飽和してしまい
すべての印象が溶けていってしまいました。

ドックでの写真展は皆さんの作品を楽しく読む余裕がありました。
皆さんの写真はそよ風の中で写心をもって読む「読み物」なのですが、
それが今回の会場ではものすごい数のうえに「どうだいすげーだろ」という
押しの強すぎる写真が多い事も相まって、まるで台風の暴風。
煽られて心の目をあけるることもできず仕舞いで、まともな感想も
言えないというが正直なところです。ごめんなさい。
今度ゆっくり「クロシェット・アン3ブル」チームの写真を拝見したい
と思っております。

(reto)
2017/02/25 | URL |(trip@IYvIGV4s)
編集

retoさん、率直な感想、とってもありがたいです!
そうなんですよ、御苗場ってほんと独特の世界で。。
奇抜な写真やコスプレ系のおねーさんとか、可愛い猫ちゃんとか。。
そういうのがやっぱり目をひくんですよね。
まぁ去年観にいったときに私も数の多さに圧倒され
ほとんど素通りみたいな感じだったのでわかってはいたのですが
やっぱりいつもと同じようにやったのではまったく目に留まらない。。
という結果になってしまいました。
もちろん知り合いはたくさん観にきてくださったんですけどね。
まったくしらない人に観ていただくには、少し見せ方を工夫せねばです。
御苗場に出すなら少し遊ばないと。。
なんていうことが今回の経験でわかりました^^

私たちらしい展示はまだこれからもやりますよ~
そのときは安心して(笑)見に来てくださいね!
またお知らせします^^
5月末からの予定です。
(froggymama)
2017/02/28 | URL |(trip@-)
編集

froggymamaさんコメントありがとうございます。

あの展示会場だけに使う手法のヒントがfroggymamaさんの
ブログにあったように思います。

そうなんですこれこれ、この一文

「海あり山ありの自然豊かな街~
そんな風景が私を幸せにしてくれる」
「make my days 今日もここで この街で」

通常は禁じ手ですが、作者の意図を写真とともに
コメントを掲げてしまうという手です。
飽和した頭で読み切れないのですから逆転の発想で、
素直に作者の想いをインプットしてしまえば
よいのではないでしょうか。

3月にも濱散歩に参ります。
新しいカメラを仕入れたので、ニヤニヤしてます。



(reto)
2017/02/28 | URL |(trip@IYvIGV4s)
編集

retoさん、アドバイスありがとうございます^^
実はですね、最初このキャプションをつける予定だったのです。
でもスペースの関係でキャプションをあまり大きくできないし
小さい字だと結局みんな読んでくれないよね、となり
タイトルと撮影地だけに。。
そう、ブログとかではいつもやっていることですけど
写真に言葉を添えて想いを伝える。。それはそれで素敵なことだと思っていて、
ただ、文章で出来がいまいちの写真をごまかすようなことにならないようにしたい、とも思ったり。。

いろいろ難しいですね^^
なんと!新しいカメラ。。いいなぁ~♪
素敵な濱散歩、成果を楽しみにしております!
(froggymama)
2017/03/02 | URL |(trip@-)
編集

froggymamaさんコメントありがとうございます。

キャプションの案があったのですね。
私のように、1階だけで飽和して冷静さを失って
しまうような人のために、なぜこの風景なのか
3行だけでも頂ければ一気にイマジネーションが広がりますね。

今度のカメラは福島の会津で製造されているもので
かなり手強いです。
N社、C社の至れり尽くせりではないので早速ミス連発
ギョ萌え~。






(reto)
2017/03/03 | URL |(trip@-)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass: