愉快な「安全宣言」 (2011/11/25)
s110819-3.jpg
福島市大波地区で収穫された玄米から国の暫定規制値(1キロ・グラムあたり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された問題で、福島県は25日、同地区の他の5農家の水田でとれた玄米からも規制値を超える玄米が見つかり、最大で1キロ・グラムあたり1270ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。
 県は同地区の稲作農家全154戸(4752袋)の分析を進めており、これまで34戸分(864袋)を終了。うち、最初に見つかった農家を除く5戸(103袋)の玄米が新たに規制値を超えた。
 1270ベクレルが検出された農家は、24袋全てで規制値を超え、最小でも970ベクレルと高かった。別の農家の玄米も540~1110ベクレルだった。

カテゴリー:未分類 / コメント:2
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-615.html


もはや放射性廃棄物。
原発から飛び散った放射性物質は無主物で、東電の所有物ではない。
したがって東電は除染に責任をもたないとのことです。
(まこぷー)
2011/11/27 | URL |(trip@5JVfOJhc)
編集

まこぷーさんご無沙汰してました。

今回の放射性物質は明らかに原発固有の物質であり、無主物などというものではありません。
まき散らした放射性物質がどうしても「廃棄物」というのであれば、これは不法投棄です。
事業者が明確なのですから始末をして頂くだけのことです。
それより、10月31日に裁判所が東電の主張を認めたということのほうが恐ろしいです。
裁判官まで買収されましたかね。情けない国です。
(RETORAN)
2011/11/27 | URL |(trip@IYvIGV4s)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass: