(2014/05/18)
DSC01806.jpg

カテゴリー:未分類 / コメント:4
この記事のURL:http://retoro50.blog114.fc2.com/blog-entry-890.html


5月の一連の作品も独特の空気感に魅了されました。
retoさんの作品、片隅に感傷というかそんな気持ちが見え隠れするように感じます
それが「何か」なのかな?
いい作品を見せていただきありがとうございます。
もっと拝見したいと思います。
リンクいただいてよろしいでしょうか?
(frame_blue)
2014/07/13 | URL |(trip@-)
編集

frame_blueさんコメントありがとうございます。

 拙い写真ですが見ていただいてありがとうございます。
お言葉を頂きまして「何か」を考えてみましたが、
大げさにいえば多分写真は写心なのだと思います。
どのようなカットを、どのタイミングで切り取るかは
撮影者の心だと思います。

 何かに真剣になっているとき、のんきにヘラヘラしているとき、
落ち込んでいるとき、幸福感で満たされているときなど、
それぞれで捉え方が変わるものだと思います。

 frame_blueさんは一枚の写真を読み込む洞察力をお持ち
だからこそ、素敵で安定感がある写真を撮られている
のだと思います。とても勉強になります。

 私の場合大ふざけしているか、かなり落ち込んでいるか、
もうひとつジャンクカメラのマニアとしてつまらない
テスト写真を載せているか、これらが大半です。(笑)

 リンク、ありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願いします。
(reto)
2014/07/13 | URL |(trip@IYvIGV4s)
編集

retoさんこんばんは
写心いい言葉ですね。その通りだと思います。
retoさんの作品は、撮影やレタッチ技術が素晴らしいのに、表に出てこない
まずダイレクトに写心を感じるのです。そこにすごく惹かれます。
いい作品と出合えた事、感謝しています。

ありがとうございます。リンクいただいて帰ります。

(frame_blue)
2014/07/13 | URL |(trip@mQop/nM.)
編集

frame_blueさんコメントありがとうございます。

過分なお言葉で申し訳なく存じます。
私こそ、frame_blueさんの素晴らしい写真に出合えて幸せです。

私がカメラを抱えて出かけるときは基本的に一人です。
多分、自問自答というか自己対話とでもいいますでしょうか、
そんな環境でないと「邪念の塊」という本性が噴出するようです。(笑)


(reto)
2014/07/15 | URL |(trip@IYvIGV4s)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass: